ラジカルな考え 子持ち大学生のつぶやき

ラジカルシンキングの管理人によるつぶやきです。子育ての事とか就活の事とか。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

090313 「就職協定」復活へ議論

2009-03-13-Fri-14:26
090313 「就職協定」復活へ議論 文科省 就活 早期化で

 就職活動の早期化を防ごうと、文部科学省が「就職協定」の復活を検討している。12日、大学団体と企業団体が意見交換する会合を開き講義を始めた。学業への影響を懸念する大学側の生まんが背景にあるが、外資との競争にさらされる経済界は後ろ向き。協定はかつて形骸化がすすで廃止されただけに、議論の先行きは不透明だ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 卒論締め切り間近なので今日は短めで。この就活早期化に関してはずばり二つの意見にわかれる(当たり前か)。単刀直入に、僕は企業の早期化には賛成である。早いところでは1年以上前、つまり3回生の後期には内定を出す企業が多数あり、外資などでは1月2月には内定を出すところもある。大学側としては学業に差しさわりがでる、なんて言っているけど、そもそもそこまで学業に力を入れているのかどうかが疑問。理系の研究生の場合は話が別だけど、普通に大学に通っている人なら、文型の場合3回生の前期にはほとんど単位を取り終わっていて、学業が就活に影響を与えないのは明白。ゼミも形だけのところがほとんどだし、いったいどこまで就活が学業に支障を及ぼすのかは疑問。(府大の話をベースにしているので、他の大学の真面目な文型の方がいるとしたらごめんなさい。)


 結局、最終的に企業を選ぶのは学生であって、その時期が早かろうが遅かろうが関係ない。能力のある学生は3回生の頃からできる学生だし、遊んでいた学生は4回生になっても変わらない。それなら一斉にスタートさせてスケジュールがいっぱいいっぱいになるよりも、外資関係なく、全ての企業が好きな時期に就活参戦したらいいと思う。大学側の都合や企業側の都合ではなく、学生の都合にたって考えた場合、ブッキングしない組み合わせが一番大切だと思う。


 今回紹介した記事に報道価値があると思った方はクリックよろしくお願いします♪
■ 大学生ブログランキング ■
■ 人気ブログランキング ■
大学生ブログランキング→現在25位!この注目度の低さはなんとかならんのかねぇ…
ブログランキング→現在36位!こちらからお越しくださる人も増えてきて嬉しい限り♪


 アホなネタ&大学生必見の情報は「ラジカルシンキング」で!
こちらも毎日更新しています!!
スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。