ラジカルな考え 子持ち大学生のつぶやき

ラジカルシンキングの管理人によるつぶやきです。子育ての事とか就活の事とか。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

090306 日経新聞 アマゾン、堺に物流拠点

2009-03-06-Fri-17:02
090306 日経新聞 アマゾン、堺に物流拠点 国内最大規模 関西でも当日配送

 アマゾンジャパンは5日、大阪府堺市に物流センターを開設すると発表した。2009年8月初旬に改行する予定。千葉県内の2つの物流センターに次ぐ3箇所目。関西地方での開設は初めてで、国内最大の規模になる。これまで関東地方以外では最短でも翌日配達だったが、関西地方でも当日発送が可能になった。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 アマゾンがインターネット通販業界において、その地位を着々と固めつつあります。インターネットの一番の弱点が、発送まで時間がかかるということ。例えば贈り物などの商品によってはどうしても当日に欲しいが、外に買いに出ることができない、というケースも出てくるのですが、この関西地区、特に堺に物流拠点が出来ることで、大阪に住む人にとってはさらにアマゾンの強さが際立ってくることと思われます。


 こんにちは。なんとか無事に卒論発表を終えました山田です。ここ二週間生活習慣がボロボロになっていたのですが、これを機に再度生活習慣を元の朝型に戻そうと思っています。日経新聞も毎朝更新しますので、これからもよろしくお願いします。


 さて今回紹介した記事ですが、インターネット世代である関西地方の若者にとっては非常に助かる話なのですが、物流を仕事の重点においている中小商社や物流メーカーにとって、これらインターネット業界の物流参入は脅威以外の何者でもないと思われます。


 インターネットバブルがはじけた直後に市場に参入しながらも着々とその存在感を強めていき、不況にもかかわらずその拠点を増やし続けているアマゾンに対し、既存の小売・物流企業がいかに立ち向かって行くか。そのキーワードを考えてみました。


 一番のポイントはサービスの差別化。物流の場合、郵送する際の細かな時間指定サービスや、再度利用したいと思わせるような顧客サービス(次回送料無料チケットの配布や、新聞契約等のサービスに近いもの)を上げること。小売の場合、「ここの店で買いたいんだ!」と思わせるようなサービスを提供すること。


 既存の安いだけの形態では、通販に代表されるインターネットサービスに勝ち目はありません。小売の人件費ががっぽり存在しないわけですから。リアルに販売する側はリアルであることを徹底的に追求した販売を行う。しかしながら、押し付けがましいサービスは利用者にとって邪魔者以外の何者でもない。このジレンマを上手に克服することに小売業界のこれからの焦点が当てられるだろう。


 卒論発表お疲れのクリックよろしくお願いします♪
■ 大学生ブログランキング ■
■ 人気ブログランキング ■
大学生ブログランキング→現在18位!この注目度の低さはなんとかならんのかねぇ…
ブログランキング→現在36位!こちらからお越しくださる人も増えてきて嬉しい限り♪


 アホなネタ&大学生必見の情報は「ラジカルシンキング」で!
こちらも毎日更新しています!!
スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。