ラジカルな考え 子持ち大学生のつぶやき

ラジカルシンキングの管理人によるつぶやきです。子育ての事とか就活の事とか。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

090216 情熱大陸 田中将大

2009-02-16-Mon-11:44
 今回の情熱大陸はまーくんこと楽天のエース、田中将大選手の特集でした。田中将大投手と言ったら松坂以来の高卒ルーキーでプロで活躍している、超大物投手として有名です。番組を通じて20歳になったばかりだと言うのに野球に対する真摯な姿勢を見せつけられて悔しい思いをしました。


 一番感心したのはゴミを決して捨てないということ。普段の生活において正しい行動をとることが、野球の結果につながると考えていること。プロがプロである条件として、決していいわけを作らないというのが挙げられると僕は考えています。どんなに体調が悪くても仕事をするのがプロだし、そもそも体調を壊している時点でプロになっていない。


 肉体的な面だけではなく、精神的な面においてもそれは同じ。昨日恋人に振られたから調子が出ないなんて論外で、何かしら言い訳になるようなきっかけすら作らないのが本当のプロ。勝負事において人間が言い訳の天才になることは誰しも経験があるはずです。


 そういった意味でこの田中投手が、普段の生活において一見野球に関係ないようなところから真摯に向き合っているというのは、まだ20歳なのにすごいなぁと素直に感心したと同時に、悔しさも覚えたわけです。自分なんて作った約束をすぐ破っての繰り返しなのに。もっと頑張らないと。


 あともう一つ、田中投手が何度も口に出していた「気持ち」というセリフ。いったいどこからその「気持ち」が生まれているのか考えていたら、最後のインタビューにその答えがありました。


 「来年野球が出来なくなるかもしれない。明日野球が出来なくなるかもしれない。いつ肘がぶっこわれて野球が出来なくなるかもしれない。だから今日出来ることを一生懸命やるしかないんです」


 誰もが時間は永遠だと勘違いしている中で、20歳にしてこの覚悟。おそるべし田中将大。人気が先行したふてこいだけの選手だと思っていたのですが(ごめんなさい)、「明日死ぬかもしれない、だから今日一日を必死に生きよう」という侍魂をもった真の武でした。WBCも頑張ってください。


 情熱大陸見たよ!という方はクリックよろしくお願いします♪
■ 大学生ブログランキング ■
■ 人気ブログランキング ■
大学生ブログランキング→現在24位!この注目度の低さはなんとかならんのかねぇ…
ブログランキング→現在30位!こちらからお越しくださる人も増えてきて嬉しい限り♪


 アホなネタ&大学生必見の情報は「ラジカルシンキング」で!
こちらも毎日更新しています!!
スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。