ラジカルな考え 子持ち大学生のつぶやき

ラジカルシンキングの管理人によるつぶやきです。子育ての事とか就活の事とか。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

090209 日経新聞 NTT マイクロソフト ネット広告販売で提携

2009-02-10-Tue-09:08
090209 日経新聞 一面 有力7サイト結集 一斉配信可能に

 NTTと米マイクロソフトはインターネット広告事業で提携した。両者を中核に国内の有力ネット企業を結集、4月から各社が運営するサイト上の広告枠を共同販売する。広告主にとっての利便性を高める取り組みで、当初はニフティやネットエンタティメントなどを含む7つのサイトが参加する見通し。国内のネット広告市場はヤフーの一人勝ちが続いている。企業連合で有力な対抗勢力が育てば、サービスや料金などで競争が激しくなりそうだ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 インターネット広告とはホームページやブログで表示されているバナー形式の広告のことで、サイトから広告先へのリンク先で商品等を購入した場合、一定の報酬がサイト管理者に支払われる仕組みとなっている。インターネット事業が増え、様々な企業がインターネット業界に参入していると同時に、個人でインターネットを通じて情報発信をする人が増えている中、インターネット広告は新たな広告媒体として近年注目を集めている。


 しかしながら、去年からの不景気で広告事業そのものが衰退しており、一人勝ちしているヤフー以外のいくつかの会社が提携して、ネット広告業界をもっと盛り上げようとしていると紹介しているのが今回の記事。日経で一面を飾るとおり、ネット広告の影響は凄いものとなっている。この広告の恐いところは、ネットに詳しくない人が簡単に広告を利用してしまうところにある。


 テレビ広告に関しては、通販の番組を除き、CMを見てその場で購入しようと思う人は少ない。というかできない。それに比べネット広告は、カードやネット振込みを使えば、広告を見たその直後に商品を購入することができる。ネット上の買い物なので現金を使うこともなく、多少高額な商品でも思わず買ってしまうということが大いにありえる。企業側もそのコンバージョンの高さに注目しており、新規に参入しようとする企業が多いのだが、この分野で先駆者的なヤフーが独占的に高い金額で広告主になることを阻害していたから、こんな提携の話が出てきたわけだ。


 このネット広告は、個人でも多数の広告を貼れてしまうため、利益目的で倫理観のない商品を悪質に誘導するサイトが後を絶たない。個人ならまだしも大手のネットサイトが一様にこれらの広告の中でも利益率の高い商品をメールマガジンやホームページでプッシュするのは正直どうなんだろうと思う。


 この記事に連動するように、広告界最大手である、電通と博報堂DYが今期業績を下方修正したという記事があったが、これらの会社が高い営業利益を出していた理由の一つが営業戦略だけではなく、本当にいい商品を広告してきたからだと言う信頼によるものである…はずである。個人が好き勝手自分の良かれと思っている広告を垂れ流す情報過多の時代になっているが、こういう時代だからこそ既存の大手広告会社は自身のブランドを大事にした、信用力で勝負するようにするべきだし、そういう方向性でこれらの会社は進んで行くだろうと思われる。個人の情報が増えるからこそ客観的に情報を俯瞰し、提供できる企業が必要になってくる。


 広告業界では様々な広告形態がニョキニョキ生まれてきてはなくなってしている。広告を出す側のモラルを信じるだけではなく、ネットを通じて情報発信をしている人の言うことをむやみに信用せず、自分でそれらの広告の意味を考えることがますます大事になってくるだろう。僕もネットでの広告は愛用しているが、モラルのある利用を心がけていきたいと考えている。


 今日も長文最後まで読んでくださってありがとうございます!
今回紹介した記事に報道価値があると思った方はクリックよろしくお願いします♪
■ 大学生ブログランキング ■
■ 人気ブログランキング ■
大学生ブログランキング→現在28位!もう少し上がるかな…
ブログランキング→現在31位!ここらが限界?


 アホなネタ&大学生必見の情報は「ラジカルシンキング」で!
こちらも毎日更新しています!!
スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。