ラジカルな考え 子持ち大学生のつぶやき

ラジカルシンキングの管理人によるつぶやきです。子育ての事とか就活の事とか。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

090206 日経新聞 mixi カカクコム 純利益増

2009-02-06-Fri-13:58
090206 日経新聞 企業 mixi 純利益15億円 カカクコム 純利益76%増

 交流サイト大手のミクシィが発表した2008年4-12月期連結決算は、純利益が15億円だった。同社は決算発表から中国の子会社を含めた連結決算を開示。前年同期の単独決算との比較では、4%になった。交流サイト「mixi」の利用者増に伴う広告収入の伸びが寄与した。

 カカクコムが5日発表した2008年4-12期連結決算は、純利益が前年同期比76%増の15億円だった。価格比較サイト「価格.com」で低価格な商品を探す利用者が増加、サイトの閲覧者による広告収入の増加などが寄与した。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 mixiの純利益が15億円を超えた。カカクコムは純利益が76%も増加した。新聞紙上で基盤産業の企業ががどれも赤字である中、この二社の数字は異常である。ミクシィは人と人とをつなげる「仕組み」を作っただけで、目に見える商品を作ったわけでない。カカクコムも商品と商品とをつなげる仕組みを作っただけで、カカクコム自体が商品を作っているわけではない。どちらの会社も「仕組み」を作り出すことで利用者を増やし、そこで広告を貼ることで利益を生み出している。


 これらの企業が広告を使って利益を生み出している仕組みはこうだ。amazonやグーグルのアドセンスリンク(広告リンク)をサイトに貼り、利用者がそのリンクを伝って買い物をしたり、リンクそのものをクリックすることで企業側に広告代金が支払われる。TV番組をHD録画出来るようになって、TV広告の影響力はどんどん弱くなっている。そんな中、まだしばらくネット広告の需要と供給は延び続けるであろう。


 しかしながら、少子高齢化が進み、誰でも気軽に情報を提供できるようになったことで、これらの広告収入も底打ちになっていくとは明確である。ユーザーの数に限界があるのだから、パイの取り分は小さくなる一方でしかないのだ。mixiもカカクコムもまだまだ利用者が増えると踏んでいるかもしれないが、10年経って今の形で会社が存続しているかは不明。これからの企業の形としては、商品も出し、それを自社で広告できることが重要になってくるからだ。


 これは企業ベースの話だけではなく、個人ベースの話でも一緒である。誰もが価値のある商品を生み出し、それらをマーケティングできる時代が来たのだから、「仕組み」を作ると同時に、「商品」の開発も進めなければいけない。安易にお金を儲けようとする人は「仕組み」だけを作ろうとするが、いくら仕組みを作っても潜在的なマーケティング力を持つ商品を開発できない限り、利益は小さくなる一方であろう。


 これからの時代、商品開発も出来て、それらのマーケティングも出来る、自分自身が商社であるような人材が求められる時代になるのではないかと思う。みなさんにとっての落とし所はなんですか?僕にとっての落とし所は化学であり、合成だと考え、日々研究室にこもっているわけです。


 今回紹介した記事に報道価値があると思った方はクリックよろしくお願いします♪
■ 大学生ブログランキング ■
■ 人気ブログランキング ■
大学生ブログランキング→現在30位!20位からだいぶ落ちました(涙)
ブログランキング→現在31位!これからぐんぐん上昇(予定)
スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。