ラジカルな考え 子持ち大学生のつぶやき

ラジカルシンキングの管理人によるつぶやきです。子育ての事とか就活の事とか。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

090203 阿倍野再開発 そごう本店売却

2009-02-03-Tue-14:07
090203 日経新聞 近畿 阿倍野再開発 動き出す

 大阪市の天王寺・阿倍野エリアで商業施設などの再開発が相次いでいる。西日本旅客鉄道子会社の天王寺ターミナルビルは25日、商業施設「天王寺MIO(ミオ)」で19の新店を導入するなど全店舗の2割程度に当たる48店を新装して開業する。アイディーユー・奥村組の共同企業体はこのほど阿倍野再開発地区でホテルなどが入る複合施設を着工した。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 今回再開発の動きが始まった天王寺阿倍野はまさに大阪の下町。300mも歩けばホームレスのおっちゃんのテント村に到着するし、さらに200mも歩けば日雇い労働者が職を求めて行列をなすあいりん地区にたどり着く。不良債権の固まりとなり先日売却されたフェスティバルゲートもあるし、大阪のランドマークである通天閣も近い。また、天王寺公園や天王寺動物園、四天王寺など大阪臭プンプンな観光施設も満載なこの天王寺という街は、南大阪の高校生や大学生が非常によく利用する街で、ブランドも梅田や難波に比べ、手軽な商品が多い街である。大阪観光を考えている人には是非寄ってもらいたい。大阪を肌で感じれること間違いなしだからだ。


 そんな天王寺だが、今回より高い年齢層の若者をターゲットに、今回の再開発を進めるらしい。高級ブランドや日本一高い高層ビル。複合商業施設の建設や高級ホテルの開発。これらの開発は果たして成功するのだろうか。


 これだけ街の概観をキレイにつくろっても、街の雰囲気と言うのはそうそう変わるものではない。東京には東京の雰囲気があるし、京都には京都の雰囲気がある。名古屋には名古屋の雰囲気があるし、神戸には神戸の雰囲気がある。そして大阪には大阪の雰囲気があるし、大阪の空気が一番濃いのはこの天王寺と言う街なのだ。


 再開発をするにしても天王寺のよさを残すような開発をして欲しい物である。灯台下暗しというけど、日本一の高層ビルを作って遠くの景色を眺めなくても、眼下には大阪の古きよき街並みである天王寺という街が存在しているのだから。


 もう一つ、そごう本店の売却については大いに賛成。大丸が交渉に乗るのかどうかはわかりませんが、合併でもしてくれたほうが助かります。買い物をするとき似たような百貨店が二個も並んであると、プレゼントを探すとき大変なので(笑)。同じカラーの建物が二個並ぶ価値はありません。


 今回紹介した記事に報道価値があると思った方はクリックよろしくお願いします♪
■ 大学生ブログランキング ■
■ 人気ブログランキング ■
大学生ブログランキング→現在41位!20位からだいぶ落ちました(涙)
ブログランキング→現在33位!これからぐんぐん上昇(予定)
スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。