ラジカルな考え 子持ち大学生のつぶやき

ラジカルシンキングの管理人によるつぶやきです。子育ての事とか就活の事とか。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

090202 情熱大陸 椿姫彩菜

2009-02-02-Mon-01:04
 今回の情熱大陸は感動大陸でした。青山学院大学在学の女子大生モデル、椿姫彩菜さんがその主役。椿姫彩菜さんは性同一性障害を抱え、大学を休学してショーパブで性別適合手術の費用を貯めて、2006年に単身タイに渡り性別適合手術を受けたという凄い人。今では夢であったモデルをしており、様々なコンプレックスを抱いている人に勇気を与える存在となっています。


 今回の情熱大陸のキーワードであった、「コンプレックスは個性になる」は、僕にたくさんのことを考えさせてくれました。コンプレックスは家族との愛の軋轢の中で生まれることが多く、コンプレックスと家族との軋轢の二つの問題を乗り切ったときに、人は同じコンプレックスを抱く人に勇気を与える存在になれる。そしてそのことがさらに本人に勇気を与え、上向きの螺旋を描いていく。その象徴が今回の椿姫彩菜さんであった気がします。


 性同一性障害という僕には想像することもできないコンプレックスを抱えながら自分の存在理由を必死に探し、考え、家族との軋轢にも負けずに自分の道を歩くことを選んだ椿姫彩菜さんにはただただ凄いの一言。普通の人なら性転換を志すはるか手前で妥協してしまいます。そしてコンプレックスに負けずに生きる椿姫彩菜さんの生き方に勇気を与えられる人が現れ、始めは娘の考えを認めなかった母親もコンプレックスを克服し、勇気を与える存在に成長した娘を認め、共に感動する。もし自分が親だったら何を思うんだろう…。勇気を与える存在になった娘を心から祝福できるだろうか…。なぁんてことも考えてしまいました。


 自分のコンプレックスを克服するために、自分が決めた道を走りきるために、自分がするべきことは決して妥協しない。必死に女を磨くし、自分が関わりを持つ企画には全力を尽くす。僕はよくこのブログの中で一人ひとりの行動が社会を変えていく、といいますが、この椿姫彩菜さんは最たる例です。一度深いところまで悩み、挫折を経た後に、そのコンプレックスを乗り切った人間の強さを見ました。本当に凄い。


 椿姫彩菜さんは現在24歳。実は僕と同じ年です。僕は2年浪人しており、そのことにコンプレックスを抱いています(椿姫彩菜さんのコンプレックスとは比べ物にならないでしょうが…)。僕も浪人するとき学費を稼ごうと怪しいバイトをしたりもしましたが、結局その時の夢は散ってしまいました。でもそのコンプレックスがあるから今の自分があるんですよね。本当に勇気付けられました。


 ショーパブで頑張っていた頃の椿姫彩菜さんにあって浪人していたときの僕になかったもの。それは「覚悟」の二文字。同じ24歳で人生の決断をし、自分と必死に戦っている人がいる。自分も負けていられない。もっともっと頑張ろう。


 安っぽい言葉ですが、感動と勇気を与えてくれる今回の情熱大陸でした。


 情熱大陸を見たくなった人&情熱大陸見たよ!
椿姫彩菜さんの生き方に感動した!という人は一つクリックお願いします♪
■ 大学生ブログランキング ■
■ 人気ブログランキング ■
大学生ブログランキング→現在47位!20位からだいぶ落ちました(涙)
ブログランキング→現在60位!これからぐんぐん上昇(予定)


 面白いネタ&大学生必見の情報は「ラジカルシンキング」で!
スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。