ラジカルな考え 子持ち大学生のつぶやき

ラジカルシンキングの管理人によるつぶやきです。子育ての事とか就活の事とか。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

090201 日経新聞 オバマ効果 過度の期待は禁物

2009-02-01-Sun-12:42
090201 日経新聞 オバマ効果 過度の期待は禁物 信州大学経済学部教授 真壁昭夫

 オバマ新大統領が誕生した。世界中の人々が、「新政権が米国の経済を回復させてくれる」との期待を抱いていることだろう。しかし期待が過度になることにはリスクがある。新大統領は1人で政策を実行できるわけではない。現代版ニューディール政策の実行には、議会の承認などの手続きが必要だ。今のところ、承認は2月中旬と見られる。そこから、減税などの政策が実行されるまでには、さらに時間を要する。(以下略)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 先日大阪で自身を「関西初の女性トレーダー」と名乗った女性が15億円集めて家族と失踪する事件があった。この詐欺師の女性が他人から資産を集めるために使った言葉がこれ。
 

「オバマが大統領になり米の景気が回復する、今がチャンス!!」


 この言葉に釣られて資産を渡してしまった人たちも、オバマ大統領が景気をどうにかしてくれるのではないかと期待している人たちも、パラダイム転換が必要だ。「○○がなんとかしてくれる」という他人任せの考え。これは自分で考えることを放棄している、最も危険な考えなのだ。例えどれだけオバマ大統領が優秀であっても、アメリカや日本を作っているのは一人ひとりの国民なのであって、国は大統領や総理大臣のものではない。(ちなみにオバマ大統領就任に対する市場の反応は笑ってしまうくらい冷ややかだった。市場が全てを語る。)


 この国民主権という第一原則を忘れて自分の国は自分とは関係ない、国の問題は大きすぎてどうすることもできない、と考えることを放棄している人が多過ぎる気がする。オバマ大統領就任で浮かれる小浜市の人もそうだし、大切な資産を他人に預けてしまう人も同じ。このような「他人任せ」の人が多いようではいつまでたっても不況は終わらないし、悲しいニュースはなくならない。ナショナリズムを推進するわけではないけれど、今の日本には「周りに期待する」だけで自分から行動しようという人が少なすぎる気がする。


 「世界を変えたければ自分がその中心になれ」 ガンジー

 「国民一人ひとりが強い自覚を持つことが重要だ」 オバマ


 今日から「他人任せ」の考えは止めてしまおう。どうすれば不況が回復して、悲しいニュースがなくなるのか自分で考えて、早速行動しよう。国民一人ひとりがガンジーになり、オバマになる時代が来たのだ。そう感じさせてくれる今日の日経新聞の記事でした。



 今回紹介した記事に報道価値があると思った方はクリックよろしくお願いします♪
■ 大学生ブログランキング ■
■ 人気ブログランキング ■
大学生ブログランキング→現在47位!20位からだいぶ落ちました(涙)
ブログランキング→現在60位!これからぐんぐん上昇(予定)


 アホなネタ&大学生必見の情報は「ラジカルシンキング」で!
こちらも毎日更新しています!!
スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。