ラジカルな考え 子持ち大学生のつぶやき

ラジカルシンキングの管理人によるつぶやきです。子育ての事とか就活の事とか。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

090129 日経新聞 教職大学院 8校定員割れ

2009-01-29-Thu-13:19
080918 日経新聞 社会 教職大学院8校定員割れ

 文部科学省は28日、大学の運営が許可申請どおりに進んでいるかを調べる2008年度の「設置計画履行状況調査」の結果を公表した。2008年度から創設され、19校が開校した教職大学院で8校が定員割れしていることなどが判明。同省はこれを含め改善が必要と判断した135項に対し、「留意事項」を通知した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 教職大学院とは、より専門性の高い教員を育てるために作られた大学院のことで、2008年4月1日に開設された。修業年限は二年であり、教職修士の学位が授与される。現在その学位は教職への就職に関係がない。


 今回紹介している記事では、新たに教職大学院を作った大学で8校が定員割れをおこし、文科省がもっとサービスをよくして、利用者を増やせ、と苦情を言ったことが紹介されている。あまりに自分勝手な言い分に驚くしかない。 たったの8校しか定員割れしていないというのがまず驚き。8割の間違いじゃないのか??


 まず最初に、法科大学院にしろ教職大学院にしろ、普通の大学院にしろ、文型の大学院は大学運営者や文科省の天下り役人のお金儲けのために作られているという事実を知らなくてはいけない。大学院生は利権を守るのに必死なおっさん達のカモにされているのである。


 文型の人で政治や経済の学者になりたいという東大・京大生および、社会人で余裕が出来て学問のことを学びたいという人以外の大学院への進学はおすすめできない。なぜなら文型大学院を卒業した二人に一人が就職できず、非常勤講師や塾講師、パチプロとして生活しているという現実があるからだ。この数字には東大・京大などの一流大学院卒も含まれているので、地方の私立の大学院の場合、その就職率は絶望的な数字になる。(参考『高学歴ワーキングプア 水月昭道』)


 また、法科大学院制度はすでに崩壊の一途をたどっているし、教職大学院も数年もすれば失敗だったと言う声があがることは間違いないだろう。弁護士界ではすでに弁護士が多くなりすぎて、司法資格を持っていても仕事がないことや、旧司法試験組と新司法試験組との間で差別化が行われていることは有名である。また、教職大学院も教員の専門性を身につけ、教員のレベルアップをするために作られたと言うが、それなら教員の給料を今の10倍にすればいいだけで、東大を出ているような優秀な人で教員になりたいという人自体が少ないといった根本的問題の解決には何もつながっていない。


 これらの大学院はあくまで大学運営者がお金を儲けたいから作っているだけだとう事実を僕達大学生は知っておくべきである。大学が大学院を作りたいのは大学のブランド力を上げたいからだし、何もせずにも学費を払ってくれる学生が欲しいからであり、利権を共にしている天下り官僚のポストを作りたいからである。大学院制度は官僚と大学関係者が勝手に作った仕組みであり、そこに現場の声は反映されていない(特に法科大学院)。


 そもそも文型の大学院生の場合、大学側が提供しなくてはいけないサービスはほとんどないわけで、ほうっておいても学費を払い続けてくれる大学院生ほど美味しいカモはいないというわけだ。そんなカモを狙って雨の後のタケノコの様にポコポコ大学院を作る大学が増え、その質があまりにも低すぎてさすがにまずいぞと文科省が文句を言っているのがこの記事なわけ。自分が天下りするときにこれらの大学院がなくなってたら困るから必死です。自分で作れといっておいてレベルが低いからなんとかしてくれって…。ある意味笑える。


 現在戦後最大の不況と言われ、今年の就職を諦めて大学院に進学しようかなと考えている大学生は少なからずいると思うのです。ゼミの教授も「大学院に進学したら?景気がよくなってから就職したら?」なんて甘い言葉をささやいたりするようです(実話)。現在3回生のみんなはそんな甘い言葉に乗ったら駄目だ!修士・博士になったとしても、誰も就職の世話はしてくれないし、企業の修士・博士に対する態度は北極の氷よりも冷たい。完全に飽和状態になっている大学教員のポストを得るのは、就職氷河期の今就職するより難しい。大体これから5年以内に景気が回復する見込みなんてないのです。自分を鍛えて戦うしかないのだ。


 文科省と大学側が作ったおっさんの利権を守るための仕組みに乗ってはいけません。彼らは不況だからこそにやついています。8校定員割れだったということは、残りの11校は定員だけ人が入っているということ。そしてそれだけじゃ足りないからもっとなんとかしろという文科省。このままカモにされたままでいいのか大学生!!戦え大学生!!大学側の思考と文科省側の思考、それらの利害の一致が見え隠れする今回の記事でした。

 

 今回紹介した記事に報道価値があると思った方はクリックよろしくお願いします♪
■ 大学生ブログランキング ■
■ 人気ブログランキング ■
大学生ブログランキング→現在61位!20位からだいぶ落ちました(涙)
ブログランキング→現在286位!これからぐんぐん上昇(予定)


 アホなネタ&大学生必見の情報は「ラジカルシンキング」で!
こちらも毎日更新しています!!
スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。