ラジカルな考え 子持ち大学生のつぶやき

ラジカルシンキングの管理人によるつぶやきです。子育ての事とか就活の事とか。

スポンサーサイト

--------------:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

090126 日経 グーグルの停滞

2009-01-26-Mon-13:14
 090126 日経 社会欄 グーグル減速 イーベイ不振
世界景気還俗で高成長を続けてきた米インターネット業界にも手詰まり感が出てきた。2008年10-12月期決算で新規上場から快進撃を続けてきたネット検索最大手グーグルの成長が鈍化、ネット競売最大手イーベイは初の減収となった。エンジン役であるグーグルの減速が続けば、ネット市場全体の成長にブレーキングがかかる可能性もある。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 世界最大IT企業グーグルの2008年10-12月総決算でグーグルの伸びが停滞していることが明らかになり、IT企業全般の頭打ちが見えてきた。グーグルの提供する広告連動の仕組みは素晴らしくて僕も利用しているけど、確かに飽和状態かなといった感じはする。誰でもしているしね。


 しかしながらグーグル帝国の建国はちゃくちゃくと進められていて、検索エンジンでグーグルを使う人はどんどん増えているし、G-mailの利用者もどんどん増えている。ストリートビューとかいう娯楽目的低以外に意味をなさない残念なものも作ってしまったけど、グーグルの提案するサービスがどれも便利なのは確か。恐いのは全てのIT利用者がグーグルに依存してしまい、全ての情報をグーグルに独占されてしまうこと。


 例えば全ての人がG-mailを使うようになり、そのサービスの利用をグーグルが勝手に調整してしまえば、その瞬間情報はコントロールできるようになってしまう。伸びが頭うちになったって言っても、グーグル帝国の流れは止められないというのが僕の考え。果たして20年後にネットの世界はどうなっているんだろ。グーグル利用者の一市民としては、軽くて使いやすいサービスを提供してくれるなら、グーグル門下に下ってもいいかなとか思ったりするのですが。


 グーグルが伸び悩むことで戦々恐々とするのはミクシィやFC2ブログといった、ITサービスを提供している会社達。これらの会社は利用者とグーグルを広告連動で結びつけることで少なからずの収入を得ているので、母体が崩れることだけは避けたいはずです。これらのサービスは直接情報を発信できない個人にとって便利きわまりないものなので、是非踏ん張って欲しいところです。


 この記事から個人が学ぶ点としては、グーグルのように自分のデータベースを作り、自分の仕組みを作ることが重要であるということ。デスクトップ上でもいいし、紙の上でもいい。必要な情報を常に選別し、自分なりの付加価値をつけていつでも取り出せるようにする。たとえこれから先グーグルが伸び悩んだとしても、個人の持つ情報の価値は伸びる一方であろう。美味しいラーメン屋さんを探すのに、雑誌よりもブログ検索を使う時代である。マスの情報より個人のナマの情報。この傾向は止まりそうにない。


 情報のマクロ化とミクロ化。グーグルを考えることは情報化社会の行く末を考えることに他ならない、そんなことを考えさせてくれる記事でした。あ、ちなみにイーベイの不振も書いていましたが、イーベイはほんと便利ですよ。英語が出来るようになりたいと思う人は、是非一度チャレンジしてみるべきです。参考書読むより100倍勉強になります。○フーみたいに利用料高くないしね。てか○フーが儲けすぎ。


 この記事に報道価値があると思った方はクリックよろしくお願いします♪
ブログランキング
現在81位!20位からだいぶ落ちました(涙)


 面白いネタ&大学生必見の情報は「ラジカルシンキング」で!
スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。